ProZ.com global directory of translation services
 The translation workplace
Ideas

A new ProZ.com translation contests interface is currently in development, and a preview contest is underway. Click here to visit the new interface »

Previous ProZ.com translation contests

Spanish » Japanese - 3 entries


From "Un paso más adelante" by María Laura Rucci. 308 words
Todos y cada uno disfrutarían de sus vacaciones. ¿Por qué entonces yo no habría de disfrutar de unas también? Trabajaba duro, había manejado ya varios proyectos de vital importancia para el avance de los negocios en los que se embarcaba la empresa; meses, días, horas frente a mi escritorio, seleccionando candidatos, revisando solicitudes, asignando proyectos y asegurándome de que cada proveedor de servicios recibiera su pago sin demoras.

¿Cómo era posible entonces que los demás estuviesen empacando sus trajes de baño o sus botas de nieve cuando yo sudaba excesivamente bajo el traje de corte inglés? Yo, que preparaba el café de la mañana y la tarde, que contestaba todas las llamadas que Gutiérrez y Amingorena no querían atender, que lidiaba con los asuntos desagradables entre proveedores y clientes, ¿no habría vacaciones para mí?

Veía como cada empleado entraba en la oficina de Vargas y salía triunfante, sonriendo, pensando en las vacaciones que acababa de ganarse. Sabía que debía tomar coraje y entrar a esa oficina yo también a arrebatar mis vacaciones de las manos de quien también tendría el derecho de negármelas. Y lo hice. Y aquí estoy. Disfrutando de una oficina vacía.

Las palabras de Vargas resonaban aún en mi cabeza: "No, Juancito. Lamentablemente tu viajecito a la costa no podrá ser. Por el momento necesito que alguien cuide del fuerte, ¿sabes?". Fui débil. Pero mi debilidad nada tiene que ver con que yo esté aún aquí. Si hubiese estado aunque sea medio paso delante de Vargas… Si hubiese sabido que existía una clave mágica para ganarme mi estadía en la costa por unos días... Me pregunto qué tan placentero hubiese sido estar en la playa, habiéndome ganado la empatía de Vargas del mismo modo en el que se la habían ganado los demás: informándole que trabajaría desde la playa durante mi escapadita a la costa.

The winning and finalist entries are displayed below.To view the like/dislike tags the entries received simply click on the "view all tags" link on the right hand corner of each entry.

You can leave your feedback for this pair at the bottom of the page.

Congratulations to the winners and thanks to all the participants!






Entry #1 - Points: 4 - WINNER!
View all tags
誰もが休暇を楽しんでいる。だのにどうして、僕だけだめなんだろう? 僕はよく働くし、会社が着手したビジネスを軌道に乗せるために決定的に重要なプロジェクトをこなしてもきた。何時間も、何日も、何ヶ月も、ぶっとおしで机に向かって候補者を選考し、応募書類を読み返し、プロジェクトを割り振り、それぞれのサービスのサプライヤーへの支払いが遅れないように気を配ってきた。

だったらなぜ、僕がデパートの「コルテ・イングレス」で買ったスーツを着て汗まみれになっているときに、他のみんなはスーツケースに水着やスノーブーツを詰めてるんだろう? おまけに僕は朝のお茶汲みや午後のお茶汲みに追われて、グティエレスやアミンゴレナが出たくない電話に代わりに応対して、プロバイダーとクライアントのあいだの厄介な仕事をこなしてきたっていうのに、僕だけ休みがもらえないというのはどういうことだろう?

同僚がみんなバルガスの部屋に入っていって、許可をもらったばかりの休暇のことを考えながら、勝ち誇った様子で微笑を浮かべて出てくるのを見た。いくらバルガスに僕の休暇を拒否する権利があるからといって、僕も勇気を出して彼の部屋に入っていって、休暇を取る権利を勝ち取るべきだったんだ。実際、そうした。でも僕はまだここにいる。空っぽのオフィスにひとりぼっちで。

バルガスのことばがまだ頭のなかで響いている。「ダメだよ、ホアン君。残念ながら、君を海岸に旅行させてやれないんだ。いま、誰かしっかりと事務所を守ってくれるひとがいないと。分かるだろ?」 僕は弱虫だった。でも、僕の弱さと僕がまだ休暇がもらえずにここにいることには、なんの関係もない。あと半歩踏み込んでいたなら。ああ、魔法の鍵があったら、何日か海岸で休暇を過ごせるのに・・・。同僚たちがそうしたように、バルガスの同情を勝ち取って、いまビーチにいられたらどんなにいいだろう、ビーチにいたって、そこからちゃんと仕事はこなすから、とバルガスに伝えて。



Entry #2 - Points: 0
View all tags
それぞれの休日を楽しんでいましたごとに1。それなのに、なぜ私はあまりにもお楽しみですか?彼はハードに、これで同社は、月、日出荷、ビジネス、時間の向上のための、いくつかの重要なプロジェクトのための私の机で駆動いたが、候補者を選択し、アプリケーションの見直し、プロジェクトに割り当てる働いたことは、各プロバイダサービスは、遅滞なく、お客様のお支払いを受けた。

どのようにしてから、他のときに過度に英語をカットスーツの下に汗が水着や長靴包装された可能性は?私は、人は午前と午後では、すべての Amingorenaグティエレスコールに参加を望んでいない、サプライヤーと顧客間の不快な問題に対処する答えは、私にとってはいけないのままコーヒーでしたか?

各従業員のバルガスの事務所に入り、意気揚々と出現し、笑みを浮かべて、彼は優勝したのは休暇のことを考えソウ。彼は勇気を出す必要がありますし、私も人にも、右はそれを否定する必要があるの手から私の休暇の取得の事務所に立ち入りを知っていた。そして私でした。そして、ここに私はしています。空室を楽しむ。

バルガスの言葉が私の頭の中でエコー:"いいえ、ジョニー。沿岸できないことがあります残念ながら、あなたの小さな旅。今の私は、砦の世話をさせる必要がある場合、知っている。"私が弱くなった。しかし、私の弱さとは何の関係もない、私はまだここにいるよ。もしされていたにも半歩先を行くバルガス...もし私がそこの海岸で数日間、私の滞在を得るための魔法の鍵だった... ...知っていた私は何をされたので、ビーチにいて楽しいだろう、バルガスに話すか、彼は、ビーチからは海岸に私の小旅行中に仕事と彼の通知は、彼らは他の人で優勝したのと同じ方法の共感を獲得。



Entry #3 - Points: 0
anonymousView all tags
みんなが夏休みを楽しんでいる。「何故、それじゃ、私も楽しんじゃいけないの?」一生懸命働いたし、会社がビジネスで向上するために乗り出したいくつかの重要なプロジェクトも扱った。机に向かって時構わず、月日をかけて応募用紙を見直し、候補者を選び出し、プロジェクトを任せ、そして、外注の仕事を請け負った相手には常に支払いが遅れずに行われるように気を配った。

でも、それでは、どうして他の皆が水着やスノーブーツを荷作りしている時に、私は英国製のスーツを着て汗をかいていたのだろう?毎朝毎晩コーヒーを入れて、顧客と外注の下請けの人たちと嫌な話をやりくりするために、グティエレスとアミンゴレナが応えようとしない電話に応じながら。私のためには夏休みはないのだろうか?

休みを得て嬉々としてバルガスのオフィスに出入りする従業員を見ながら、自分も勇気を持ってあのオフィスに入って、拒否する権利を持つ相手から私の休みを勝ち取らなくてはいけないとは分かっているのだ。

私の頭の中で、バルガスの言葉が未だに渦巻いていた。「いや、フアンシート。残念だけど、君は海辺へのあの小旅行にはいけないよ。今は誰か要塞を守ってくれる人間が必要なんだ。分かるかい?」私は弱腰だった。しかし、私の弱さのために、ここでこうして働いているわけではない。バルガスの半歩先を行ってさえいれば良かったのだ。もしも私が海辺で数日間を過ごせるための、魔法の言葉を知ってさえいれば。ああ、皆がやったように、バルガスの共感を得るために、ビーチでの数日の間も旅先から仕事をする、と伝えることで。



« return to the contest overview



Translation contests
A fun way to take a break from your normal routine and test - and hone - your skills with colleagues.