ProZ.com global directory of translation services
 The translation workplace
Ideas

A new ProZ.com translation contests interface is currently in development, and a preview contest is underway. Click here to visit the new interface »

Previous ProZ.com translation contests

Italian » Japanese - 3 entries


From “La motivazione delle risorse umane per il successo di un'organizzazione” by Ranieri de Maria. 339 words
Le risorse umane all’interno di ogni organizzazione rivestono la massima importanza. Se è vero  che esse comportano maggiori difficoltà di gestione, tuttavia al loro interno sono insite elevate potenzialità di miglioramento, e ciò richiede un’attenzione particolare.

L’istruzione degli addetti deve essere curata dal punto di vista teorico e pratico, e a essi deve essere sempre fornita una chiara e forte motivazione allo svolgimento del lavoro. Ciò comporta che si proceda alla responsabilizzazione massima nell’adempimento delle funzioni, operando sempre verso l’integrazione, nel funzionamento della struttura e nel contesto sociale. Il personale deve essere orientato a concepire il lavoro o le sue attività, in generale, in funzione collettiva o sociale, e ogni addetto deve essere spinto a sviluppare un’attività formativa verso gli altri soggetti del capitale umano dell’organizzazione.

Ci sono più fattori che concorrono al successo di un’organizzazione. Se è importante che essa conti un’autorevole figura leader, è bene ricordare sempre che un capo esercita il suo ruolo all’interno di un gruppo strutturato. Il coordinamento pertanto non basta: appare essenziale il recepimento da parte del gruppo delle indicazioni del leader e l’azione conseguente del gruppo stesso.

La funzione di un organizzatore efficace è quella di trascinare i collaboratori, affrontare e risolvere i problemi, aiutare a superare gli ostacoli e creare la motivazione per raggiungere gli obiettivi. Come è evidente, se il gruppo non partecipa attivamente a queste azioni, rispondendo adeguatamente, tutto ciò che il leader compie non otterrà i frutti sperati. È necessario quindi porsi anzitutto un quesito: come si possono “convincere” le persone che fanno parte di un’organizzazione, e, in particolare, di un gruppo di staff, a seguire il leader partecipando attivamente al conseguimento dello scopo dell’organizzazione? La risposta è semplice e complessa al contempo: è necessario che le persone condividano le finalità dell’organizzazione. Non è sufficiente che siano solo consapevoli dell’esistenza di tali finalità e che le conoscano, ma è necessario che abbiano una consapevolezza attiva nel conseguirle e si sostengano a vicenda nel raggiungerle. Solo in tal modo si forma quella collaborazione che crea il lavoro di gruppo.

The winning and finalist entries are displayed below.To view the like/dislike tags the entries received simply click on the "view all tags" link on the right hand corner of each entry.

You can leave your feedback for this pair at the bottom of the page.

Congratulations to the winners and thanks to all the participants!






Entry #1 - Points: 8 - WINNER!
View all tags
いかなる組織にあっても、その内部で最も重要な位置を占めるのは人材である。そのような管理が更なる困難を伴うとしても、大きな進歩の可能性を秘めた人材が存在するとすれば、特別な配慮を持ってその人材を扱うことが望ましい。

人員に指示を与える際には、理論面からも実務的な観点においても注意を怠らず、なすべき業務の遂行に対して明確な強い目標を提示するべきである。それにより遂行すべき業務への責任感を最大限に促し、組織の一員として又は社会の一端を担うにあたり、常に周囲との協力を忘れず遂行に励むようになる。社員に対しては、一般的に、仕事や業務を集団の中の個又は社会の構成要員であることと関連づけて認識するよう導き、各々が組織内の他の構成員にとって、業務向上の刺激となるよう推奨する。

組織運営の成功は、複数の要因が競い合うことで得られる。権威ある長の存在は重要であるが、長たるものは、組織的な構成グループの内部にあってその任をおうことを忘れてはならない。統括だけでは十分ではなく、グループの末端まで長の指示が到達することが不可欠であり、その指示に従ってグループの業務が遂行されなければならない。

有能な管理者とは、共に働くものの先陣を取り、問題に立ち向かいその解決を図り、試練を乗り越える助けとなり目標を達成するための意欲を高める者のことである。すぐに予測できるように、グループがこのような働きかけに、期待される反応を示さず、自ら活発に参加することがなければ、リーダーがいかなる努力を払おうとも目標とする成果を挙げることはないであろう。 まず何よりも組織内の人員を如何に「やる気にさせるか」を問わねばならず、とりわけ、グループの人員に、長の指示に従って組織の目標をかなえるべく、自主的に業務に打ち込ませる術を問う必要がある。それは単純なようで実は奥が深いことなのだが、組織の使命は人員自らの使命でもある、と認識させることに尽きる。組織に使命が存在することを認識するだけでは十分ではなく、その使命を自らのものとし、互いに助け合いながら達成に向けた努力を続けることが不可欠となる。このような方法によってのみ、共同作業とよぶに値する真の協力関係が生まれるのだ。



Entry #2 - Points: 0
anonymousView all tags
各組織内の人事部の重要性が、再び最大限度まで高まってきている。管理が難しくなってきているのが本当であり、内部の改善のポテンシャルが高まってきているという経緯があり、これには特別な注意が向けられなければならない。

従業員への教育は、理論と実地の両方の観点から行われなければならず、彼らには常に自分たちの職務を遂行するための強いモチベーションがなければならない。これには、自分の役割を果たす際に最大の責任を持ってあたるということが含まれ、常に枠組みと社会のコンテキストにおいて作業を統合する方向で事にあたらなければならない。従業員は、一般的に、共同のまたは社会的な仕事において職務とその活動を理解するように取り組まなければならず、全従業員は組織の人的財産に他の議題に対して、発達させるような活動を展開する意欲を持っていなくてはならない。

組織の成功に貢献する要素は他にもある。権威を持ったリーダー役がいることが重要であるが、枠組みで分けられたグループのなかでその長が常に自分の役割を実践することを怠ってはならない。協力だけでは充分ではない。リーダーが自分のグループに受け入れられること、またそれに続くグループのしかるべき行動が必須となる。効率のよい組織者の機能・役割とは、協力者をリードし、問題に直面・解決し、 障害を乗り越えるために手を貸し、目標を達成するためのモチベーションを作り上げることである。グループが活発にこれらの行動を行わず、適切に応えることがない場合には、リーダーがどれだけ努力しようと、その努力が実を結ばないことは明白である。したがって、自らに問わなければならない: 組織に属する人々に「確信」を持たせるにはどうすればよいか、特にスタッフたちのグループにおいて、組織の目標を遂行するために活発にリーダーに従うということは? その答えは、実際、単純かつ複雑なものである。人々が組織の目標を共有していること。目標が存在していることを承知しているだけでは不十分であり、目標を達成するための活発な意識を持ち、それを達成するためのアプローチが確保されていることが必要なのである。そのようなやり方でのみ、ブループの職務を創り出すような協働が生まれるものである。



Entry #3 - Points: 0
View all tags
それぞれの組織内の人的資源が最も重要なのです。ただし、それらの管理上の問題を含む、しかし、それらの改善のための高い潜在性を内在しており、この特別な注意が必要です。

教育、従業員の観点から扱われなければならない理論と実践を、彼らは常に、仕事のための明確かつ強力なモチベーションを与えられる必要があります。この職務の放電で、最大の説明責任のための手配は、常に構造と社会的文脈の機能の統合に向けての作業が含まれます。スタッフ関数は、集団的または社会的に仕事をしたり、その活動を想像し、監督する必要があります各従業員のヒト組織の他の科目の教育活動を開発するよう奨励する必要があります。

存在する組織の成功に貢献し、いくつかの要因がある。中には、この図の権威ある指導者のアカウントは、常に、リーダーは、構造化されたグループ内での役割を発揮する覚えが重要です。調整したがって、十分ではありません:それは実装と主張してリーダーからの結果のグループとはグループのアクションが不可欠です。

効果的な組織の機能は、従業員をドラッグするに対処するため、問題を解決するため、障害を克服し、目標を達成するための動機付けの作成の仕方です。そのグループが積極的にこれらの行動に参加していないとして、適切に対応し、任意のリーダーは、望ましい結果が得られない場合は明らかです。したがって、どのように"納得できる"という組織の一部である人々は、最初の質問:質問に必要だが、特に、職員のグループは、次のリーダーを積極的に組織の目的の達成に参加して?答えはシンプルであり、複雑な:それは、人々を共有して組織の目標が必要です。それが十分でない場合にだけこのような目的の存在を知っている者と知っているが、アクティブな意識を達成するために必要な、それらを達成するために、お互いをサポートします。は、チームワークが作成されますこのような形のコラボレーションのみです。



« return to the contest overview



Translation contests
A fun way to take a break from your normal routine and test - and hone - your skills with colleagues.