ProZ.com global directory of translation services
 The translation workplace
Ideas

A new ProZ.com translation contests interface is currently in development, and a preview contest is underway. Click here to visit the new interface »

Previous ProZ.com translation contests

German » Japanese - 2 entries


From "Topless Meetings" at Web Business 2.0 - http://www.webbusiness20.de/2008/06/09/topless-meetings/ 362 words
Seit einiger Zeit kursiert eine neue Idee durch amerikanische Chefetagen und Companys: Arbeitsbesprechungen, Teamsitzungen und Präsentationen seien ab jetzt nur noch in Form von “topless Meetings” erlaubt. Irritiert wird sich so mancher und mehr noch so manche fragen, ob dies im Zuge einer überraschenden Libertinage der amerikanischen Gesellschaft etwa bedeute, man konferiere ab jetzt nur noch oben ohne?…

Dieser Gedanke kann im Wissen um die Prüderie der amerikanischen Gesellschaft gleich wieder verworfen werden. Nein, nicht ohne Oberhemd, sondern ohne ‚Lap-Top’ sollen Meetings zukünftig abgehalten werden. Denn diese und artverwandte Gadgets wie iPhone, Sidekick und Blackberry verderben die ohnehin nicht sonderlich gute Kommunikationskultur, die gemeinhin in Sitzungen dieser Art herrscht. Da werden während der Besprechung eifrig E-Mails gecheckt, wird gechattet, gesimst, gegamed und geblogt. Die Augen auf dem Monitor und auch die Gedanken ganz bestimmt nicht dort, wo sie eigentlich sein sollten – nämlich im Meeting. Daher denkt man in so manchem, vor allem online-nahen Unternehmen daran, Mitarbeitern in Meetings den Gebrauch drahtloser Informationstechnologien gänzlich zu untersagen.

Mit dieser Maßnahme hoffen die Fürstreiter des Topless-Konzepts nicht allein, den Symptomen von geteilter Aufmerksamkeit, mangelnder Konzentration und dadurch bedingter sinkender Produktivität von Meetings erfolgreich entgegenzuwirken. Auch der soziale Faktor, der durch den Einzug der mobilen Online-Services merklich gelitten hat, hofft man durch die verordnete Abstinenz zu stärken. Schließlich handelt es sich auch um eine Frage mangelnder Wertschätzung, wenn einer sich vorbereitet und zu anderen spricht, während die nach Kinoprogramm und den neuesten Börsenkursen googlen.

So in etwa lautet der Tenor einer Diskussion, die im letzten Jahr vor allem durch einen Blogbeitrag mit dem vielsagenden Titel „My personal war against Crackberry“ angestoßen wurde. Der Autor Todd Wilkens, Chef einer Design-Agentur in San Francisco, ist der Ansicht, dass eine effektive Arbeitssitzung kaum noch möglich sei, wenn die Teilnehmenden eben nur teilweise präsent seien. „Unvollständige Aufmerksamkeit führt zu unvollständigen Resultaten“, meint Wilkens und fasst die Inhalte der Topless-Philosophie sogar in einem kleinen Meeting-Knigge zusammen. Regel zwei: Einer muss sich im Namen der Produktivitätssteigerung unbeliebt machen und den anderen ihre mobilen Spielzeuge aus den Rippen ziehen. Aber auch wenn sie zunächst meckern - insgeheim sind die Online-Junkies dankbar dafür, ein paar Stunden von ihrer Sucht befreit worden zu werden.

The winning and finalist entries are displayed below.To view the like/dislike tags the entries received simply click on the "view all tags" link on the right hand corner of each entry.

You can leave your feedback for this pair at the bottom of the page.

Congratulations to the winners and thanks to all the participants!






Entry #1 - Points:
View all tags
新しいアイデアをアメリカの会議室やコンパを通じて循環いくつかの時間:仕事の会議、チームミーティングやプレゼンテーションについては歓迎するトップレスミーティング"の形でのみから"です。このようアメリカ社会の意外な放蕩のをきっかけに、あなたから今だけトップレスを授ける?意味もどかしいのように非常に多くの質問とその多くが含まれます...

このアイデアは、アメリカ社会のぶりが横行の知識になる可能性があります同様に拒否されました。いいえ、Tシャツではなく、なくもなく、ラップトップ'会議は、将来的に開催されます。 iPhoneは、サイドキックとBlackberryのように、これらの関連についてはガジェットは、一般的にこの種の会議で勝った場合は、すでに非常によくないコミュニケーション文化を破壊する。その後、中に会議を熱心にメールをチェックされる電子メール、およびコーニスチャットされるbloged gegamed。モニタとの考え方に目を確かにどこに運命づけられていない-すなわち、会議です。したがって、我々は、特にオンラインで多くの関連企業で完全にスタッフミーティング、無線情報技術の活用で禁止するからだ。

この測定では、王子に対抗するためトップレスのアプローチに乗っ希望のない唯一の分断の注意、集中力の欠如や会合の結果として生産性低下、正常に症状に。は、モバイルのオンラインサービスの出現によって貢献している社会的要因がかなり、それは所定の節制が期待されて被害を強化した。最後に、また感謝の不足の問題は、ある場合、準備され、他に話す、映画の中googlen後には、最新の株価情報です。

刺激的な名前"クラックベリーに対する私の個人的な戦争をブログの投稿を主にそのような議論は、最後の1年が開始されたテノール、は何か。"著者トッドウィルキンス、サンフランシスコのデザイン機関の長は、もし参加者が部分的にしか存在していたが効果的な作業はほとんどが可能であると考えます。 "不完全な注目を不完全な結果につながる"ウィルキンス、氏と一緒に、小規模のミーティングのエチケットでもトップレスの哲学の内容をまとめたものです。ルール2:1つの生産性向上の名前にする必要がありますし、不人気の動きは、肋骨からの携帯電話のおもちゃ。しかし、たとえ最初は不平を言う-秘密の上の行の中毒者は数時間のために感謝され、その中毒から解放されているします。



Entry #2 - Points:
View all tags
近頃アメリカの経営者や企業の間では新しいアイディアが広がっている:
会議やチーム内のミーティング、そしてプレゼンテーションはこれから「トップレス・ミーティング」形式で行うことにするというものだ。これには上半身服を脱いで会議をするのか?と困惑する人たちや、さらにアメリカ社会の急激な乱れはここまで来たのかと疑問を持つ人もいるだろう・・・

性的なことを極端に恥ずかしがるアメリカ社会を知る人にはそうではないことはすぐに分かるだろう。「トップ」とは服のトップではなく、「ラップトップ」のトップのことだ。つまり、ラップトップなしでミーティングを行うべきだというのだ。ラップトップやその他iPhone、Sidekick、BlackBerryといったガジェット類は、ただでさえこういった会議で特にうまく機能するとは限らないコミュニケーション文化を堕落させるという理由からだ。会議中に頻繁にEメールのチェックをしたり、チャット、SMS、ゲーム、ブログなどに夢中になる。ミーティング中に目が画面に集中し、会議といった本来のテーマと関係ないことを考えるといった事態が起る。このような理由から一部の企業で、特にオンライン関連の企業で、社員にミーティング中のワイヤレス情報機器の使用を全面禁止することを検討している。

このトップレス・コンセプトの賛同者は、この対策を取れば、注意散漫や集中力の欠如だけでなく、それによるミーティングの生産性低下も防ぐことができると期待しているほか、モバイルのオンラインサービスを導入したことで著しく損なわれてしまった社会的要素も節制を徹底することによって回復できると考えている。人が準備を整えて他の人にプレゼンテーションする時に、映画のプログラムや最新株式情報をグーグルで検索しているのは、価値観の欠如に他ならないというものだ。

これがおおよそ、昨年特に「私個人のクラックベリー戦争」という意味深なタイトルのブログ投稿記事によって巻き起こった議論の主旨だ。著者トッド・ウィルケンズはサンフランシスコのデザイン会社の社長で、会議出席者の気が散って会議を効果的に行うことがほとんど不可能になっているという意見だ。「不完全な注意力は不完全な結果につながる」とウィルケンズは警告を発し、トップレス哲学の内容を一つの小さなミーティング・ガイドラインにまとめた。その中の第二の法則:生産性を向上させるためには誰かが悪役になり、他の人たちからモバイルのおもちゃを取り上げなくてはならない。しかし、オンライン常習者たちは最初文句を言っても、数時間中毒症状から解放されたことを密かに感謝するものだ。



« return to the contest overview



Translation contests
A fun way to take a break from your normal routine and test - and hone - your skills with colleagues.