KudoZ home » English to Japanese » Medical: Pharmaceuticals

Lodopropynyl Butylcarbamate

Japanese translation: ブチルカルバミン酸ロドプロパニル

Advertisement

Login or register (free and only takes a few minutes) to participate in this question.

You will also have access to many other tools and opportunities designed for those who have language-related jobs
(or are passionate about them). Participation is free and the site has a strict confidentiality policy.
08:30 Mar 13, 2004
English to Japanese translations [PRO]
Medical - Medical: Pharmaceuticals
English term or phrase: Lodopropynyl Butylcarbamate
My Lotion:
Water, Steric Acid, Glyceryl Sterate SE, Propylene Glycol, Mineral Oil, Cetyl Alcohol, Aloe Barbadensis Leaf Juice, Carbomer, Triethanolamine, Laneth-16, Ceteth-16, Oleth-16, Steareth-16, DMDM Hydantoin, Lodopropynyl Butylcarbamate, Vitamin E, Aloe Vera, Shea Butter
Andou
Local time: 11:17
Japanese translation:ブチルカルバミン酸ロドプロパニル
Explanation:
I thinks, this is name of a ester. Accornig to rule of IUPAC and 外来語の音訳基準, the name can be write like this.

--------------------------------------------------
Note added at 26 mins (2004-03-13 08:56:38 GMT)
--------------------------------------------------

If is is not ester, lodopanylbutylcarbamate is correct way to write. At this stage, ¥"lodopanyl butylcarbamate¥" might be correct way to write.
The name lodopromanyl see, to be trivial name, more than systemic name.

Is the product cosmetics or pharmaceutics? It looks cosmetics from the view point of ingredient. The compaound you asekd might be plant origin, 生薬由来.


--------------------------------------------------
Note added at 31 mins (2004-03-13 09:01:38 GMT)
--------------------------------------------------

「ロドプロピニル ブチルカルバメイト」は正しくありません
¥"-ate¥"は「酸」(カルボン酸)ですので、カタカナ語になってしまいます。
(-oic acidが結合型のカルボン酸[-COOH]をさし、-ateは遊離形を示します。エステルだと思われるので、-ateになります。)
エステルでは、アルコール部分と 酸部分が入れ替わって、表¥記されるので上記の提案のようになります。

他の成分表¥示から、O/W形のローションかと推定されますが如何でしょう・

--------------------------------------------------
Note added at 35 mins (2004-03-13 09:06:07 GMT)
--------------------------------------------------

仮にエステルで無い場合は、前後を分けずに書くのが普通ですが
その場合には、ロドプロピニル ブチルカルバミン酸となります。
カルバミン酸は、植物成分としてよく見られる化合物です。

表¥記上エルテルと考えるのが妥当です。

--------------------------------------------------
Note added at 5 hrs 17 mins (2004-03-13 13:47:58 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------


TYPOです 「エステル」

Iodoはありえますね。最近OCRで取るので、この手のミスは結構¥有りますね。ただ、LODOがないとも確信がもてません。さほど、頻繁に聞く化合物でも、有名な
化合物群に属するのが明らかな成分でもないので、IかLかは、私はコメントできません。


その場合はブチルカルバミン酸ヨウ化プロビニルですね

これは、有機命名法の問題ですので、IUPACの解説本をご覧頂くとわかりますが
カタカナ語では放置すべきではありません。IUPACのエステルの命名等を見ると
お判りいただけます。カタカナ語が、検索であったとしても、この意見は変えま
せん。化合物名の多くは、カタカナ語で安易に「訳」されていると思います。
専門の医薬翻訳家でありとすれば、やはり命名のルール等を参照して訳すべき
とおもいます。

--------------------------------------------------
Note added at 5 hrs 25 mins (2004-03-13 13:55:31 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

MSDS見てきました
3-iodo-2-propynyl butylcarbamate だとすれば、

I-CH2-CH-CH3
    |
   butylcarbamate

(butylcarbamatreに置換基位置が記載されていないので、エステルだとは考えられますね)

ですね。。。このことかは、判断できませんね。。。
生薬成分ではtrivial nameや固有の名称の成分がおよそ無数にあるので
検索に無いから無いとか、あるから此方と判断できないので、現物を
よく確認したり、クライアントにおききになる必要はありますよね。

Iodoかも知れないというのは、的確な指摘(疑問提起)ですね。

--------------------------------------------------
Note added at 16 days (2004-03-29 09:40:23 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

IUPAC上は、酸部分が先行しないと誤りです。
Selected response from:

Katsuhiko KAKUNO, Ph.D.
Japan
Local time: 11:17
Grading comment
大変役に立ちました。本当にありがとうございました!
4 KudoZ points were awarded for this answer

Advertisement


Summary of answers provided
4 +1ブチルカルバミン酸ロドプロパニル
Katsuhiko KAKUNO, Ph.D.
5 -1ロドプロピニル ブチルカルバメイトMitsuko


  

Answers


25 mins   confidence: Answerer confidence 5/5 peer agreement (net): -1
lodopropynyl butylcarbamate
ロドプロピニル ブチルカルバメイト


Explanation:
ロドプロピニル ブチルカルバメイト

以下のホームページの他にも数多くロドプロピニル ブチルカルバメイトが使われていました。


--------------------------------------------------
Note added at 59 mins (2004-03-13 09:30:02 GMT)
--------------------------------------------------

http://www.google.co.jp/search?q=cache:49-ZvATAmwcJ:www.anse...
http://www.google.co.jp/search?q=cache:H8rDucFN-9UJ:square.u...
もご覧ください。おそらくカルバミン酸でもカルバメイトでも可ではないかなと...

--------------------------------------------------
Note added at 4 hrs 37 mins (2004-03-13 13:08:07 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

http://ptcl.chem.ox.ac.uk/MSDS/IO/iodopropynyl_butylcarbamat...

ロドではなくヨードプロピニルではないでしょうか。


    Reference: http://www.melax.net/new/instruction/BI42800.pdf
Mitsuko
Local time: 11:17
Native speaker of: Native in JapaneseJapanese
PRO pts in category: 8

Peer comments on this answer (and responses from the answerer)
disagree  Katsuhiko KAKUNO, Ph.D.: (It's just カタカナ語, not Japanese)
6 mins
Login to enter a peer comment (or grade)

18 mins   confidence: Answerer confidence 4/5Answerer confidence 4/5 peer agreement (net): +1
lodopropynyl butylcarbamate
ブチルカルバミン酸ロドプロパニル


Explanation:
I thinks, this is name of a ester. Accornig to rule of IUPAC and 外来語の音訳基準, the name can be write like this.

--------------------------------------------------
Note added at 26 mins (2004-03-13 08:56:38 GMT)
--------------------------------------------------

If is is not ester, lodopanylbutylcarbamate is correct way to write. At this stage, ¥"lodopanyl butylcarbamate¥" might be correct way to write.
The name lodopromanyl see, to be trivial name, more than systemic name.

Is the product cosmetics or pharmaceutics? It looks cosmetics from the view point of ingredient. The compaound you asekd might be plant origin, 生薬由来.


--------------------------------------------------
Note added at 31 mins (2004-03-13 09:01:38 GMT)
--------------------------------------------------

「ロドプロピニル ブチルカルバメイト」は正しくありません
¥"-ate¥"は「酸」(カルボン酸)ですので、カタカナ語になってしまいます。
(-oic acidが結合型のカルボン酸[-COOH]をさし、-ateは遊離形を示します。エステルだと思われるので、-ateになります。)
エステルでは、アルコール部分と 酸部分が入れ替わって、表¥記されるので上記の提案のようになります。

他の成分表¥示から、O/W形のローションかと推定されますが如何でしょう・

--------------------------------------------------
Note added at 35 mins (2004-03-13 09:06:07 GMT)
--------------------------------------------------

仮にエステルで無い場合は、前後を分けずに書くのが普通ですが
その場合には、ロドプロピニル ブチルカルバミン酸となります。
カルバミン酸は、植物成分としてよく見られる化合物です。

表¥記上エルテルと考えるのが妥当です。

--------------------------------------------------
Note added at 5 hrs 17 mins (2004-03-13 13:47:58 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------


TYPOです 「エステル」

Iodoはありえますね。最近OCRで取るので、この手のミスは結構¥有りますね。ただ、LODOがないとも確信がもてません。さほど、頻繁に聞く化合物でも、有名な
化合物群に属するのが明らかな成分でもないので、IかLかは、私はコメントできません。


その場合はブチルカルバミン酸ヨウ化プロビニルですね

これは、有機命名法の問題ですので、IUPACの解説本をご覧頂くとわかりますが
カタカナ語では放置すべきではありません。IUPACのエステルの命名等を見ると
お判りいただけます。カタカナ語が、検索であったとしても、この意見は変えま
せん。化合物名の多くは、カタカナ語で安易に「訳」されていると思います。
専門の医薬翻訳家でありとすれば、やはり命名のルール等を参照して訳すべき
とおもいます。

--------------------------------------------------
Note added at 5 hrs 25 mins (2004-03-13 13:55:31 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

MSDS見てきました
3-iodo-2-propynyl butylcarbamate だとすれば、

I-CH2-CH-CH3
    |
   butylcarbamate

(butylcarbamatreに置換基位置が記載されていないので、エステルだとは考えられますね)

ですね。。。このことかは、判断できませんね。。。
生薬成分ではtrivial nameや固有の名称の成分がおよそ無数にあるので
検索に無いから無いとか、あるから此方と判断できないので、現物を
よく確認したり、クライアントにおききになる必要はありますよね。

Iodoかも知れないというのは、的確な指摘(疑問提起)ですね。

--------------------------------------------------
Note added at 16 days (2004-03-29 09:40:23 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

IUPAC上は、酸部分が先行しないと誤りです。

Katsuhiko KAKUNO, Ph.D.
Japan
Local time: 11:17
Specializes in field
Native speaker of: Japanese
PRO pts in category: 8
Grading comment
大変役に立ちました。本当にありがとうございました!

Peer comments on this answer (and responses from the answerer)
neutral  Mitsuko: Iodopろpynyl?  http://ptcl.chem.ox.ac.uk/MSDS/IO/iodopropynyl_butylcarbamat...
4 hrs
  -> Thanks

agree  Rajiv Arora
15 days
  -> Thanks
Login to enter a peer comment (or grade)




Return to KudoZ list


KudoZ™ translation help
The KudoZ network provides a framework for translators and others to assist each other with translations or explanations of terms and short phrases.



See also:



Term search
  • All of ProZ.com
  • Term search
  • Jobs
  • Forums
  • Multiple search