KudoZ home » English to Japanese » Human Resources

Accepted Post Appeal

Japanese translation: 受理された(評価/処理に対する)異議申し立て

Advertisement

Login or register (free and only takes a few minutes) to participate in this question.

You will also have access to many other tools and opportunities designed for those who have language-related jobs
(or are passionate about them). Participation is free and the site has a strict confidentiality policy.
08:20 Dec 17, 2010
English to Japanese translations [PRO]
Bus/Financial - Human Resources
English term or phrase: Accepted Post Appeal
"Select Accepted Post Appeal first"

This is a label/button/dialogue box in a "case management" application.

Many thanks for your help.
Miho Ohashi
Japan
Japanese translation:受理された(評価/処理に対する)異議申し立て
Explanation:
人事でケースマネージメント、というと、思い浮かぶのが不服申し立て(appeal)です。そこからの連想ですが....

post が付いているので、社内の不平不満を受け付け、それを処理し、その処理に対して従業員が不服であれば申し立てをできるようになっているのではないでしょうか?あるいは、人事考課の結果減給や降格、部署替えなどが言い渡されたときに、それを不服として申し立てる場なのかもしれません。もちろん、不当な申し立てもあるかもしれませんので、それらが審査にかけられて、受理されるかどうか決まるのであり、そこで「accepted post appeal」というステータスが与えられるのでしょう。でも、この「選択」をするのは誰なんでしょう?おそらくは人事部の人かな。
Selected response from:

RieM
United States
Local time: 02:39
Grading comment
作業中の文書は求職に関するものではなく、労働災害に関するものです。あまりにもコンテクストがなさすぎるので、「これが正解」というのはないのですが、解釈としてはRieさんのが一番近いと思うので、2ポイント差し上げることにしました。皆さんありがとうございました。
2 KudoZ points were awarded for this answer

Advertisement


Summary of answers provided
3 +1受理された(評価/処理に対する)異議申し立て
RieM
3承認された求職応募HappySmile


Discussion entries: 3





  

Answers


4 hrs   confidence: Answerer confidence 3/5Answerer confidence 3/5
accepted post appeal
承認された求職応募


Explanation:
文脈が無いので単なる推察になってしまいますが、分野が人事ということもあり、post appeal は job application と同義ではないかと思いました。appeal が単数なので、accepted は「受理した」と訳すより、選ばれた一件の意味で「承認」を使いました。

HappySmile
Switzerland
Specializes in field
Native speaker of: Native in JapaneseJapanese
Login to enter a peer comment (or grade)

6 hrs   confidence: Answerer confidence 3/5Answerer confidence 3/5 peer agreement (net): +1
accepted post appeal
受理された(評価/処理に対する)異議申し立て


Explanation:
人事でケースマネージメント、というと、思い浮かぶのが不服申し立て(appeal)です。そこからの連想ですが....

post が付いているので、社内の不平不満を受け付け、それを処理し、その処理に対して従業員が不服であれば申し立てをできるようになっているのではないでしょうか?あるいは、人事考課の結果減給や降格、部署替えなどが言い渡されたときに、それを不服として申し立てる場なのかもしれません。もちろん、不当な申し立てもあるかもしれませんので、それらが審査にかけられて、受理されるかどうか決まるのであり、そこで「accepted post appeal」というステータスが与えられるのでしょう。でも、この「選択」をするのは誰なんでしょう?おそらくは人事部の人かな。

RieM
United States
Local time: 02:39
Works in field
Native speaker of: Japanese
PRO pts in category: 14
Grading comment
作業中の文書は求職に関するものではなく、労働災害に関するものです。あまりにもコンテクストがなさすぎるので、「これが正解」というのはないのですが、解釈としてはRieさんのが一番近いと思うので、2ポイント差し上げることにしました。皆さんありがとうございました。

Peer comments on this answer (and responses from the answerer)
agree  Soonthon LUPKITARO(Ph.D.)
11 hrs
Login to enter a peer comment (or grade)




Return to KudoZ list


KudoZ™ translation help
The KudoZ network provides a framework for translators and others to assist each other with translations or explanations of terms and short phrases.



See also:



Term search
  • All of ProZ.com
  • Term search
  • Jobs
  • Forums
  • Multiple search