KudoZ home » Japanese to English » Business/Commerce (general)

回収サイト

English translation: accounts receivable terms

Advertisement

Login or register (free and only takes a few minutes) to participate in this question.

You will also have access to many other tools and opportunities designed for those who have language-related jobs
(or are passionate about them). Participation is free and the site has a strict confidentiality policy.
GLOSSARY ENTRY (DERIVED FROM QUESTION BELOW)
Japanese term or phrase:回収サイト
English translation:accounts receivable terms
Entered by: sigmalanguage
Options:
- Contribute to this entry
- Include in personal glossary

13:26 Feb 17, 2007
Japanese to English translations [PRO]
Bus/Financial - Business/Commerce (general)
Japanese term or phrase: 回収サイト
弊社の来期財務内容改善計画においては、回収サイト短縮を重要課題としています。

The closest term I can think of is DSO (days sales outstanding), but I don't think it is exactly the same as 回収サイト. Does anybody know a better term or is DSO sufficiently close?
sigmalanguage
Japan
Local time: 19:32
accounts receivable terms
Explanation:
「回収サイト」が、このコンテキストでどのように使われているのか今ひとつはっきりしないのですが、net 30 days, 60 days などという取り決めの期間を指す場合は、accounts receivable term/terms などということばが契約書 (特に代理店関係など)で使われています。この日数を短縮して回転資金を増やす、という意味でしょうか?

でも、つい私情が入ってしまって(笑)、上記の分を「期日どおりにちゃんと払ってもらえる」ように、言葉は悪いですが取り立てを厳しくする、って解釈しそうになります。そうなると、(accounts receivable) collection period でもいいと思うのですが。

DSO はこの Collection period の平均値だったと思います。どちらにしろ、早く払ってもらうのはいいことですよね。しみじみ。



--------------------------------------------------
Note added at 1 day11 hrs (2007-02-19 00:58:51 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

sigmalanguage さんの質問で思い出しました。実はその昔、学生時代に貿易実務を勉強していたのですが、本当は sight だけなら、(手形の)一覧または一覧払いという意味で使われます。例えば、sight draft が一覧払い手形、です。だたし、at xxx days from sight(一覧後xxx日)という条件が付くこともあります。どうやら、この当たりから来ているのではないでしょうかね。あまり根拠はありませんが。

貿易英語などで google して用語集を見ると出てくるかもしれません。でも、それがどうしてカタカナの「サイト」に転じたのかはさっぱり不明です。
Selected response from:

RieM
United States
Local time: 06:32
Grading comment
取り決めの期間を指す言葉を探していました。契約上の日数を短縮して手元資金を増やすという話です。Rieさん、ありがとう。実感のこもった説明でとても参考になりました。それにしてもどうしてこれは「サイト」と呼ばれるのでしょうか? 不思議です。
4 KudoZ points were awarded for this answer

Advertisement


Summary of answers provided
2accounts receivable terms
RieM
1 -1recovery site
Kurt Hammond


Discussion entries: 12





  

Answers


1 hr   confidence: Answerer confidence 1/5Answerer confidence 1/5 peer agreement (net): -1
recovery site


Explanation:
The 'chokuyaku' would be 'recovery site' - is this not suitable?

Kurt Hammond
United States
Local time: 03:32
Specializes in field
Native speaker of: English
PRO pts in category: 116

Peer comments on this answer (and responses from the answerer)
disagree  paul_b: That was my first impulse but 回収サイト is being used in an entirely different way in the sentence in question. I'm at a loss as to how the 'site' applies but see this link for more details http://www.jnews.com/kigyoka/2000/kigyo0002.html
17 mins
Login to enter a peer comment (or grade)

1 day3 hrs   confidence: Answerer confidence 2/5Answerer confidence 2/5
accounts receivable terms


Explanation:
「回収サイト」が、このコンテキストでどのように使われているのか今ひとつはっきりしないのですが、net 30 days, 60 days などという取り決めの期間を指す場合は、accounts receivable term/terms などということばが契約書 (特に代理店関係など)で使われています。この日数を短縮して回転資金を増やす、という意味でしょうか?

でも、つい私情が入ってしまって(笑)、上記の分を「期日どおりにちゃんと払ってもらえる」ように、言葉は悪いですが取り立てを厳しくする、って解釈しそうになります。そうなると、(accounts receivable) collection period でもいいと思うのですが。

DSO はこの Collection period の平均値だったと思います。どちらにしろ、早く払ってもらうのはいいことですよね。しみじみ。



--------------------------------------------------
Note added at 1 day11 hrs (2007-02-19 00:58:51 GMT) Post-grading
--------------------------------------------------

sigmalanguage さんの質問で思い出しました。実はその昔、学生時代に貿易実務を勉強していたのですが、本当は sight だけなら、(手形の)一覧または一覧払いという意味で使われます。例えば、sight draft が一覧払い手形、です。だたし、at xxx days from sight(一覧後xxx日)という条件が付くこともあります。どうやら、この当たりから来ているのではないでしょうかね。あまり根拠はありませんが。

貿易英語などで google して用語集を見ると出てくるかもしれません。でも、それがどうしてカタカナの「サイト」に転じたのかはさっぱり不明です。


RieM
United States
Local time: 06:32
Works in field
Native speaker of: Japanese
PRO pts in category: 56
Grading comment
取り決めの期間を指す言葉を探していました。契約上の日数を短縮して手元資金を増やすという話です。Rieさん、ありがとう。実感のこもった説明でとても参考になりました。それにしてもどうしてこれは「サイト」と呼ばれるのでしょうか? 不思議です。
Notes to answerer
Asker: ああ、なるほど。そうですね。言われてみれば、60 days sightとかの表現を見たことがあります。そこから来ている可能性はありますね。

Login to enter a peer comment (or grade)




Return to KudoZ list


KudoZ™ translation help
The KudoZ network provides a framework for translators and others to assist each other with translations or explanations of terms and short phrases.



See also:



Term search
  • All of ProZ.com
  • Term search
  • Jobs
  • Forums
  • Multiple search